アスタキサンチン 加齢臭

アスタキサンチンで加齢臭が消える!?

加齢臭を何とかするための方法を血眼になって探しているあなたなら、アスタキサンチンで加齢臭が消えるという情報も目にしたことがあることでしょう。

 

しかしその一方で、「アスタキサンチンって一体どんなもの?」、「なぜ、アスタキサンチンで加齢臭が消えるの?」と思っている人もいるかもしれません。

 

話題の成分、アスタキサンチンで加齢臭が消える理由をご紹介します。

 

アスタキサンチンとは一体何なのか

アスタキサンチンは、エビやカニの甲羅の赤い部分に含まれる赤い色素のこと。
鮭のピンク色やイクラの赤い色も、このアスタキサンチンの色なんです。

 

アスタキサンチンはニンジンに含まれるβ-カロテンや、ブルーベリーに含まれるアントシアニン、トマトのリコピンなどと同じ、カロテノイドと呼ばれる物質で、抗酸化力がとっても高いのが特徴。
アスタキサンチンはこのカロテノイドの中でも特に抗酸化力が高く、β-カロテンの100倍以上の抗酸化力があると言われています。

 

アスタキサンチンでおなじみの富士フイルムの化粧品「アスタリフト」は、その高い抗酸化力でアンチエイジングができると評判な通り、アンチエイジングや活性酸素の除去など、人間の体のさびつきを取り除き、いい状態にしてくれるパワフルな成分なんですよ。

 

アスタキサンチンで加齢臭が消えるのはなぜ?

では、このアスタキサンチンで加齢臭に対策できるのはどうしてなのでしょうか。
それは、加齢臭が発生する原因を考えればすぐにわかります。

 

加齢臭の原因となる物質「ノネナール」は、皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化してできる物質。
若い人から加齢臭が出ないのは、脂肪酸が分泌されても酸化しないからなんですね。

 

この脂肪酸を酸化させているのは活性酸素。
加齢とともに活性酸素が増えてくることで、脂肪酸がノネナールに変化しやすくなり、加齢臭が出てしまう、というわけです。

 

アスタキサンチンが活性酸素を除去してくれれば、ノネナールができにくくなり、加齢臭を抑えることができます。
だからアスタキサンチンは、加齢臭対策にもいいんですね。

 

アスタキサンチン以外で加齢臭に対策できる成分は?

アスタキサンチンが加齢臭対策にいいのは、抗酸化力が高いから。
つまり、アスタキサンチンでなくても、抗酸化力が強い成分であれば、加齢臭対策にいい影響があると言えます。

 

抗酸化力の高い成分として有名なのが、アスタキサンチンを含むカロテノイド。
上でもご紹介した通り、β-カロテンやリコピン、アントシアニンなどがあります。

 

ポリフェノールも抗酸化力の高さで知られる成分。
緑茶ポリフェノールでおなじみのカテキンや、そばに含まれるルチン、玉ねぎに含まれるケルセチンや大豆のイソフラボンなどがあります。

 

ビタミンCやE、αリポ酸やコエンザイムQ10も抗酸化力の高い成分です。

 

 

 

加齢臭だけでなく、加齢にともなう気になる症状をケアするのにピッタリなアスタキサンチン。
ただし、実感度が高い分、サプリで続けるとなると家計にも負担が出てきてしまいます。

 

アスタキサンチンもいいけど、手っ取り早く加齢臭だけどうにかしたいというあなたには、加齢臭に対策できるエチケットサプリを選ぶのがおすすめ。
どんなサプリがいいのか気になるというあなたは、当サイトの管理人のサプリ体験サポートをチェックしてみてくださいね。

 

矢印「臭ピタッ!」の体験レポートはこちら