加齢臭 ミョウバン

加齢臭をバッチリブロックしてくれる「ミョウバン」とは?

加齢臭にお悩みのあなたへ。あなたは「ミョウバン」をご存知ですか?
ミョウバンが、あなたの悩む加齢臭をしっかり抑えてブロックしてくれるパワーを持っているのをご存知ですか?

 

もし知らなかったあなたは、ミョウバンで加齢臭ケアをはじめたくなるはずです。
この記事を読んだらすぐに、ミョウバンを買いに走ってください。

 

今回は、ミョウバンについての説明と、加齢臭対策での使い方をご紹介します。

ミョウバンとは

ミョウバンという名前を聞いたことはあるけれど、ミョウバンが一体何なのかは知らないという人が多いのではないでしょうか。

 

ミョウバンは、硫酸カリウムアルミニウムという成分で、古くから防水材、消火剤などに使われてきた成分です。
スーパーの漬物コーナーや薬局で買うことができます。

 

天然のミョウバンは温泉にできる「湯の花」などから採取することもできますが、市販されているのは合成されて作られているものがほとんど。
スーパーの漬物コーナーに売られているのは、ナスの漬物が色落ちしないように食品添加物として使うためです。

 

ミョウバンがニオイ対策に使えるのはなぜ?

では、そのミョウバンが加齢臭をはじめとするニオイ対策に使えるのはどうしてなのでしょうか。

 

ミョウバンをニオイ対策に使うときには、水に溶かした「ミョウバン水」として使います。
水に溶けたミョウバンは酸性になり、ミョウバン水を肌につけると、肌表面も酸性の状態に。
ニオイの原因になる雑菌はアルカリ性の状態で繁殖しやすいため、ミョウバンで肌表面を酸性にしておくことで、臭いが発生しにくくなるという訳なんですね。

 

それ以外にも、ミョウバンには殺菌作用があるためニオイの元を断ち切る働きも期待できます。
ミョウバンは特にアンモニア臭の中和が得意なため、加齢臭や体臭の他にも、足のにおい、トイレのニオイ、ペットのニオイなどさまざまな臭いに対策できる万能選手なんですね。

 

加齢臭ケアにミョウバンを使う方法

ミョウバンは、結晶の状態を砕いて粉末にしたものを首の後ろや脇の下、胸などの加齢臭が気になる部分に擦り込むだけでもOK。
しかし、水に溶かしてスプレーにして持ち歩くのが一番手軽で使いやすいのでおすすめです。

 

スプレーを作るときには、50gのミョウバンを1.5リットルの水に溶かします。
ミョウバンは水に溶けにくいので、水にミョウバンを入れたら一晩放置しておくのがおすすめです。

 

大量にできますが、1ヶ月ほど保存できるので加齢臭以外にも、ニオイが気になる部分に使うと良いでしょう。
小さなスプレーボトルに入れて持ち運べば、いつでもどこでもさっとニオイケアが可能です。

 

ミョウバンのスーパー消臭パワーを、ぜひご自身の体で実感してみてくださいね。

 

 

 

ミョウバンがスゴイのはわかったけど、いちいちスプレーを自作するのは面倒だというあなたにおすすめしたいのが、飲むだけで気になるニオイをケアしてくれる加齢臭対策サプリメント。

 

ご興味のある方は、管理人も飲んでいるエチケットサプリ、臭ピタッ!の実力をレポートをぜひご覧になってください。

 

矢印「臭ピタッ!」の体験レポートはこちら